Loading
2015年05月28日 10時00分 UPDATE
PR

「手間」「スキル」「コスト」が結局ネックになる「全員で使えるBI」という言葉に潜む5つの落とし穴

昨今、「業務部門でも簡単に使える」と銘打ったBIツールが市場に出てきた。しかし、実際に導入してみると思わぬ落とし穴にはまってしまう企業が増えているという。その理由とは。

[ITmedia]

 企業のデータを可視化し、精度の高い経営の意思決定、売り上げアップ、業務の効率化を支援するBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。大企業はもとより、最近では多くの中堅・中小企業が「簡単に使える」「だから、社員全員で使える」といったフレーズを冠したBIツールの導入を検討するケースが増加している。

 しかし一方で、そのようないわゆる「簡単BI」を導入した企業からは「思っていたほど簡単ではない」「全員で使うには予想外のコストが掛かる」「見たいデータが見られない」といった声が少なからず聞かれるのも事実。「全員で使える」と銘打ったBIツールに潜む意外な落とし穴とは……。以降でその詳細を明らかにする。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部