Loading
2015年05月28日 10時00分 UPDATE
PR

競争社会で生き残るためのデータ分析術を伝授中堅・中小企業の前に立ちはだかるデータ分析の“壁”とは

「ビッグデータ」をはじめとするデータ分析の機運が高まりつつある。その一方で、基盤となるBIツールが使いこなせずに流れに乗れない企業も増えている。その違いはどこにあるのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入して、顧客データや店舗データなどの自社データを収集・統合し、見えにくいビジネス指標を分かりやすく可視化、経営戦略につなげていこうとしたものの、以下のような思いを抱えている中堅・中小企業の担当者は決して少なくないのではないだろうか。

  • 「簡単に使えるとのことだったが、全く簡単じゃなかった」
  • 「使いこなせる人材がいない」
  • 「見たいデータも見られない」
  • 「せっかくの導入コストが水の泡」

 「こんなはずじゃなかった……」。システムの専門家を置くことのできない中堅・中小企業は本当にデータ分析を諦めなくてはいけないのだろうか。そう悩む方にデータ分析を活用してますます激化する競争社会を戦う術を伝授しよう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部