Loading
2015年05月28日 10時00分 UPDATE
PR

紙とExcelの申請が混在するオフィスにさよなら社内申請業務の煩雑さを一掃する“秘策”とは?

紙媒体とExcelベースの申請書を活用する企業は少なくない。しかし、その場合は申請業務が煩雑になりがちだ。そうした環境から解放されるとっておきの方法を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 「申請の内容ごとに紙やExcelなど異なるフォーマットがあり、処理が煩雑になる」

 社内申請業務において、このような悩みを抱えている企業は決して少なくないだろう。「備品を購入したいけど、誰の決裁をもらえばいいのか」「先週出した稟議書はどこまで進んでいるんだろう」など従業員からの問い合わせも後を絶たず、申請状況や承認フローを見える化して「スッキリしたい」というのは、管理部門の切なる願いだろう。

 そんなときこそ、「ワークフローソフトを導入して申請業務のシステム化を実現する」ことが有力な選択肢となる。しかし、「ワークフローソフトは専門的でハードルが高い」「社内での申請・承認のためだけに新たなシステムを導入するのは、費用対効果が合わない」と導入に二の足を踏む企業も実は多い。

 本稿では、そうした社内申請業務を取り巻く課題を一掃する“秘策”を紹介しよう。長年抱えた悩みを解消し、社内申請システムだけではなく案件管理や顧客管理などにおける情報共有の悩みも一度に解決する方法とは? 次項で詳しく見ていこう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部