2015年06月02日 15時00分 UPDATE
特集/連載

音声や動画を自動的に優先制御“使いものになるユニファイドコミュニケーション”、実現の鍵はSDNにあり

リアルタイムのコミュニケーションにSDNを使うことで、ユニファイドコミュニケーションにおけるパフォーマンスの問題を解決できるかもしれないといわれてきた。そして、この見込みは現実のものになりつつある。

[Kate Gerwig,TechTarget]
ttyo_20150602.jpg MicrosoftのUCアプリケーション「Skype for Business」《クリックで拡大》

 ネットワークとユニファイドコミュニケーション(UC)アプリケーションがリアルタイムで相互通信できる機能により、SDN(Software Defined Networking)はリアルタイムのコミュニケーションを実現する鍵となり得る。だが、SDNがどのように音声や動画をリアルタイムで変更および管理できるのかを理解するには時間が必要だ。

MicrosoftとCisco、それぞれの取り組み

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...