Loading
2015年06月12日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト目前に迫る“ストレージ危機一髪”、「データ管理どうすりゃ委員会」が解き明かす

データ管理やストレージについての企業の悩みは尽きない。Webキャスト「データ管理どうすりゃ委員会」では、タレントの伊藤えみさんを司会に業界の識者が課題を解決する。

[ITmedia]

 ビッグデータ活用によってデータの容量、コスト、管理負荷が際限なく増える企業のデータセンター。現状の仕組みでのストレージ管理は限界を迎えつつある。解決のために注目されているのが「ソフトウェアデファインド(ソフトウェア定義)ストレージ」(SDS)やオールフラッシュ、キャッシュというキーワード。

 特にSDSを活用することでデータ管理の効率性や柔軟性が期待されている。また、既存のストレージ資産を生かして適材適所のストレージ環境を構築できるのもSDSの特徴だ。だが、ベンダーのサポートやパフォーマンスへの影響など、実装する上での課題もある。本セミナーでは、タレントの伊藤えみさんを司会に業界の識者が集合。避けて通れないストレージ問題の解決策を探る。


logo

Intel、インテル、 Intel ロゴ、 Intel Xeon、Intel Xeon Inside は、アメリカ合衆国および /またはその他の国における Intel Corporation の商標です。その他の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

最新のインテル Xeon プロセッサー E5-2600 v3製品ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウドなど、さまざまな用途に、性能、電子効率、仮想化、セキュリティの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。CPUのコア数は最大18コアまで対応し、性能はAVX2により最大90%向上、また、メモリの帯域幅は最大50%拡張しており、CPUコアごとの電力制御も可能です。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部