Loading
2015年06月17日 10時00分 UPDATE
PR

OpenStackの最新版もサポート予定10分でクラウド移行を完了する次期版OSのここがスゴイ

金融や通信、小売など幅広い業界の企業システムとして長年支持を集めてきたプラットフォームが今、大きな進化を遂げようとしている。どのような将来像を提示するのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 企業システムの大規模化や多様化が叫ばれるようになって久しい。システムの構築に当たっては「パフォーマンス」や「スケーラビリティ」「セキュリティ」「信頼性」など、さまざまな要素を考慮しなければならない。

 ハードウェアやネットワーク、ミドルウェアを含むソフトウェアをはじめ、システムを構成する要素は多岐にわたっており、それらの全体最適化を目指すことはますます難しくなっている。さらに近年では、仮想マシンの管理やOpenStackをベースとしたクラウド環境の構築といった新たなテクノロジーへの対応も求められている。

 そんな中で、金融や通信、小売など幅広い業界のミッションクリティカルシステムで数多く採用されてきたプラットフォームがある。企業システムを構成するあらゆる要素を統合する開発アプローチによって、企業システムを取り巻く課題を解決に導いてきた。

 そのプラットフォームが今、大きな進化を遂げようとしている。特に、OpenStack最新版のサポートをはじめ、企業のクラウド利用で要求される「可用性」「セキュリティ」「オープンソーステクノロジー」の取り込み強化が大きな特徴となっている。それによって、どのような将来像を提示することができるのだろうか。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部