2015年06月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

職務ごとにカスタム環境を提供「ミニスタート画面」を設置 Windows 8.1の謎の新機能「Windows Apportal」とは何か

Windows 8.1を使っている企業なら追加料金無しで使える「Windows Apportal」。仕事や職務ごとに特定のアプリやデータで構成されたカスタム環境を提供できるこのテクノロジーについて紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
tn_tt_Apportal001.jpg Windows Apportalの製品Webサイト《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Windows Apportal」(以後、Apportal)は、強力だが見過ごされがちなWindowsテクノロジーである。このテクノロジーを使用すると、IT管理者は、ユーザーが仕事で必要なアプリケーションやデータにすぐアクセスできるようにカスタマイズした環境を効率よく提供することが可能だ。

 Apportalは、Microsoftの「Windows 8.1」に統合されており、標準画面のスタート画面から呼び出す「ミニスタート画面」として機能している。Apportalには、複数のタイルのグループが含まれている。各タイルは下記とリンクしている。

  • Microsoft製のアプリケーション
  • サードパーティー製のアプリケーション
  • Webベースのアプリケーション/グラフィック/リポート
  • その他の基幹業務(LOB)のリソース

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...