2015年06月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック群馬県、WindowsタブレットとOffice 365で救急/災害医療を円滑に遂行 (1/2)

群馬県が全ての消防本部、災害拠点病院と救急医療機関にWindowsタブレットを配備し、救急・災害医療の効率化を目指している話題など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
jo_tt_150617_md0.gif 群馬県では、全ての消防本部にWindowsタブレットを配備し、救急・災害医療の効率化を目指している《クリックで拡大》(出典:日本マイクロソフト)

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、約14万5000万語の歯科・医学専門用語を収録した日本語入力支援ツール、Windowsタブレットとオンラインコミュニケーション基盤で救急/災害医療を円滑に遂行している群馬県の事例、実名検索も可能な専門医限定ネットワークサービスの提供開始などを取り上げる。

南アフリカ50以上の医療施設におけるデータの一元管理を可能に――米Hitachi Data Systems

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...