2015年06月23日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

ネットワーク改革の重要性を考える、ITの俊敏性を実現する「3つのステップ」とは?

企業システムがクラウドベースで運用されるようになり、情報システム部門はこれまでにないプレッシャーがかかるようになってきた。このプレッシャーをはねのけ、自社システムの可能性をさらに広げていくには、ネットワーク改革への取り組みが欠かせない。

[ITmedia]

 クラウド時代における情報システム部門の新たなプレッシャーとは、「ITの俊敏性に対する要求」ということになる。俊敏性はこれまでもユーザー部門から要求されてきたものであるが、システムがクラウドベースで稼働するようになると、これまでにない素早い対応を求められるようになり、多くのIT部門がそれに応えられない状態になっている。

 例えば各部門の独自判断でアプリケーションやITサービスを利用し、ネットワークの混雑解消をIT部門に要求するといった場合がその典型である。ユーザーが求める俊敏性に対し、情報システム部門は早急に対応の策定、適切なソリューションを選択、導入しなくてはならない。本ホワイトペーパーはネットワーク改革の視点から、この課題に立ち向かう内容となっている。

 『情シスのためのサバイバル・ガイド』である本ホワイトペーパーは、ITの俊敏性を3つのネットワーク課題から解説。「イーサネット・ファブリック」など新しいネットワークテクノロジーやSDN(Software-Defined Networking)、NFV(Network Functions Virtualization)の導入による改善策を、事例を交えながら詳細に解説している。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年10月29日

【ITヒーローへの道を阻む課題】【ITヒーローになる手段「New IP」とは】【New IPを支える技術】