2015年06月23日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

SDNとNFVの機能を引き出すイーサネット・ファブリック、“3つの特長”とは?

クラウド化したデータセンターは、これまで以上に俊敏性や省力性を求められるようになった。それを実現するネットワーク側のアプローチがSDNやNFVである。そこで、これらの力を最大化し、安定稼働させる「イーサネット・ファブリック」に注目が集まっている。

[ITmedia]

 ネットワーク制御をソフトウェア・アプリケーションであるコントローラーで行うSDN(Software-Defined Networking)や、専用ハードウェアが担ってきたネットワーク機能を仮想化するNFV(Network Functions Virtualization)といった技術は、データセンターの俊敏性や省力性を大幅に改善させる。これら技術はQoSやセキュリティの向上にも寄与し、ビジネスアジリティを強化する。

 多くのメリットを提供するネットワークの仮想化であるが、その力を最大化させるにはインフラ、ミドルウェア、アプリケーション、データサービスなど複数のタスクを自動化し、ビジネスニーズに即したワークフローへと体系化することが欠かせない。それを実現するのが「イーサネット・ファブリック」である。

 本ホワイトペーパーは、仮想マシンのプロビジョニング、ネットワーク容量の増強をゼロタッチで行える、イーサネット・ファブリックの特長をSDNやNFVの概要とともに解説している。また、SDNやNFVの動向調査について掲載しているので、導入タイミングの検討にも役立つはずである。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年10月29日

【ITヒーローへの道を阻む課題】【ITヒーローになる手段「New IP」とは】【New IPを支える技術】