2015年06月23日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

“目からウロコ”の新常識、ネットワーク止めずにスイッチを増設できる?

ネットワーク増設のためのサービス停止を伴うシステム変更など、もはやビジネス部門にとっては受け入れ難くなっている。休日なら大丈夫といった考えも、もはや通用しない。このようなスタッキングネットワークの問題を解決する手法を探る。

[ITmedia]

 複数のネットワーク機器を専用ポート/ケーブルで接続し、論理的に1台のスイッチとして扱う「スタッキング」は、STP(Spanning Tree Protocol)を排除した冗長構成が可能なことから、多くの企業で活用されている。しかしスイッチ増設時にネットワークを一時中断したり、ファームウェアのバージョンアップ時にはスタック内全ての機器でリブートが実施されるなど、スタッキングネットワークにはさまざまな課題が潜んでいる。

 本ホワイトペーパーは、ネットワークのトポロジーを選ばない自由なネットワーク設計により、アクティブ/アクティブ構成のマルチパス化といった機能を持つ「イーサネット・ファブリック」を使って、“サービス停止をさせないネットワーク増設”の方策を解説している。

 具体的には、仮想マシンをある物理サーバから別の物理サーバへ移動した場合に、従来のスタッキングネットワークでの対応とイーサネット・ファブリック環境での対応との比較を分かりやすく解説している。高度な自動化機能でいかに「ゼロタッチネットワーク」を実現できるのか、マンガや図説を交えながら解説されている。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年10月29日

【ITヒーローへの道を阻む課題】【ITヒーローになる手段「New IP」とは】【New IPを支える技術】