Loading
2015年06月23日 10時00分 UPDATE
PR

最大35%オフになるキャンペーンも実施IoTやアナリティクスの要はストレージ、コストパフォーマンスに優れた製品を探せ

「データ経営」への意識が高まる中、ストレージの注目度が上がっている。ユーザーが重視すべきはコストパフォーマンス。26製品の第三者比較結果で分かった、コストと性能のバランスに優れた製品の要件を解説する。

[ITmedia]

 仮想化、クラウド、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ、アナリティクス──何かと話題となるキーワードを根幹から支えているものがある。こうした技術やサービスは、全て「データ」によって成り立っており、データをビジネスのアクセルとして活用していくというものだ。これらの取り組みを成功に導くためにも、まずはデータを“上手”に扱えるかどうかが重要なカギを握っている。

 データの保管や処理の基礎となるのは、やはりストレージだ。どんなに上層のアプリケーションが高性能でも、貴重なデータを正しく安全に保管して、求めに応じて素早く提供できるストレージがなければ、システム全体の品質が低下してしまう。

 もちろん、無尽蔵に予算を掛けられるわけでもないから、コストパフォーマンスも重要だ。できるだけ安価に、できるだけ高性能なストレージを入手したいというのは、全ての運用担当者の願いであろう。

ik_tt_oracle01.jpg (※)2015年4月30日現在のSPCベンチマークリポートより。http://www.storageperformance.org/results/benchmark_results_spc2_top-ten/#spc2_top10_price

 これは、米国の第三者機関、Storage Performance Councilの調査結果を元に、各社のストレージ製品のスループットと価格を示したグラフだ。右上にプロットされているほど、コストパフォーマンスに優れているということだ。今回は、グラフに星マークで示した製品に焦点を当て、どのようなストレージがIoTやアナリティクスなどの最新テクノロジーに適しているのか、詳しく解説しよう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部