2015年06月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Apple―IBM連合とは別のアプローチAppleが仕掛ける次の一手は「Android for Work」への対抗策?

「AirWatch」と「MobileIron」がiOSへの対応を強化する。ビジネスアプリの安全な配布を可能にする米Appleの今回の協業は、米IBMとの業務提携とは異なったアプローチである。

[Jake O’Donnell,TechTarget]
0612_kf_ios9_002.jpg 「iOS 9」に搭載されるSplit Viewのイメージ画面《クリックで拡大》

 米Appleは、セキュアなiOSアプリの企業導入を支援するため、新たな取り組みを開始した。

 Appleが米IBMとの業務提携を発表したのは2014年7月。企業向けモバイル分野を強化する姿勢を打ち出した。それから1年、同社はビジネス向けモバイルアプリに関して、大手EMMベンダー2社と新たに業務提携を締結した。

 Appleは2014年7月、米IBMとの業務提携を発表し、企業向けモバイル分野を強化する姿勢を示した。それから1年、Appleは新たに大手EMMベンダー2社と、ビジネス向けモバイルアプリの提供に関する業務提携を締結した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...