Loading
2015年07月02日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャストネットワーク機器のベンダーロックインを排除、新コンセプト「Open Networking」とは何か?

ネットワーク仮想化など、ネットワークインフラの柔軟性や機敏性を高めたいというニーズは高い。ハードウェアとファームウェアの制約を排除し、機器OSからファームウェアまで利用者が選択できる、ネットワークのオープン化コンセプト「Open Networking」を紹介する。

[ITmedia]

 ネットワークインフラは、SDNをはじめとする仮想化技術により、通信機器をソフトウェアによって集中管理し、よりスピーディに、柔軟に利用できるという形態へ変化を遂げている。しかし、従来のネットワーク機器は、ハードウェアとファームウェアが一体化した垂直的統合のベンダーに依存するモデルとなっており、オープン性が妨げられてきたともいえる。

 本Webキャストは、デルの提唱する「Open Networking」というコンセプトの解説動画だ。ハードウェアとファームウェアを分離し、オープンなハードウェアのアーキテクチャの上で、OSおよびファームウェアも利用者自身が選択することで、完全にオープン化されたネットワークを「早く、安価に」構築することが可能となる。

 動画では、ネットワーク監視ツールへの適用事例や、デルのOpen Networkingスイッチ機器のラインアップも紹介されており、ネットワークの柔軟性、機敏性を高めたいと考えるIT担当者にとって有用な内容となっている。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能
ge_intel_xeon151030.png
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部