2015年07月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2014年は150万ドル支払い、高額賞金の理由とは「Android」のセキュリティバグ発見でGoogleが太っ腹な賞金、最高金額は?

米Googleが新制度「Android Security Rewards」を立ち上げる。これは従来のバグ発見報奨制度を拡張し、セキュリティ関連の開発協力に対しても賞金を提供するというものだ。

[Michael Heller,TechTarget]
photo Googleは自社サイトで報奨金の具体的な金額表を掲載している《クリックで拡大》

 バグ発見報奨制度は、IT企業がセキュリティを改善するための方法として広く採用されているが、米Googleは報奨の対象を拡大し、モバイルセキュリティの開発協力に対しても賞金を提供する。

 今回Googleが発表した新しい報奨制度「Android Security Rewards」は、同社の従来のパッチ報奨制度と並行して実施される。新制度では「セキュリティバグの修正に必要なパッチやテストなど個々のステップ」にも賞金が支払われる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。