Loading
2015年07月06日 10時00分 UPDATE
PR

簡単バックアップから本格リカバリまでを網羅中堅・中小企業向け障害復旧対策を松竹梅コースで解説

バックアップ/リカバリの重要性は広く認知されつつも、システム環境の整備はいまだ十分ではない。この状況を打開するために参考にしたいのが、自社の要件に応じた3種のモデルケースだ。具体的な内容を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 企業活動にとってデータは不可欠な存在であり、その保護の重要性は多くのIT管理者に知られるところである。だが、「多くの企業で適切な災害復旧(DR)対策が行われているか」といえば、残念ながら否だ。環境整備をそう難しく捉える必要はないはずだ。中堅・中小企業のIT環境であれば、その基本構成はシステム規模やバックアップ要件などから3種に大別される。その中から自社に最も近いものを選択することで、環境の短期整備も見込める。

 本稿では、バックアップ環境の整備に当たりIT管理者が直面しやすい課題と、それらを解決する具体的なバックアップ製品の利用法を紹介する。まずは、自社の要件を以下のチャートで確認してみよう。

photo 中堅・中小企業のバックアップ/リカバリ環境の要件《クリックで拡大》
提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部