Loading
2015年07月13日 10時00分 UPDATE
PR

DaaSをオススメする3つの理由単なる仮想デスクトップではない、エンドユーザーに喜ばれるDaaSとは?

クラウドの仮想デスクトップサービスであるDaaSは、サービスならではの多様なメリットが得られるとして近年注目されている。そんなDaaS選びのポイントは、クライアントおよびサーバ環境全体を考えたサービスであるかどうかだ。

[ITmedia]

 「デスクトップ仮想化」(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、従業員のワークスタイルを変革し、生産性を向上させるシステムとして多くの企業に導入されている。また、昨今スマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスが普及したことによって、VDIの活用の幅がさらに広まり、その利点が急速に広まったといえる。情報を直接外部に持ち出さないという仕組みに注目し、セキュリティ対策の強化を目的とする組織も少なくない。

 経営層やエンドユーザー(端末利用者)にとって、VDIは優れたソリューションのように見えるが、IT管理者にとってはどうだろうか。

 VDIは、サーバや端末、ネットワーク、ストレージ、周辺機器、仮想化などさまざまな技術を活用しているため、広範な対応能力が求められるシステムである。また、サーバ仮想化とは異なり、仮想化されたクライアント環境は日々変化するため、運用の煩雑さはむしろ増大する傾向にある。最も重要なことは、VDIは単なるPCではなく、ミッションクリティカルなシステムであるという点だ。PCは故障してもすぐに交換できるが、VDIで使用しているシステムの一部に故障が発生した場合、システム全体に大きな影響を及ぼしかねない。

 このジレンマを解決するために、仮想デスクトップサービス「DaaS(Desktop as a Service)」の活用をオススメしたい。次項では、DaaSのメリットとサービス選定のポイントについて解説しよう。

提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社

提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部