2015年07月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

データセンター管理者が取り組むべきもはや当然 ITコストを下げる“6つの新常識” (1/2)

今はITコストの削減に再度取り組むのにうってつけの時期だろう。本稿では、データセンターの管理者がITコストを削減できる6つの分野を紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
ik_tt_it01.jpg 米VCEのコンバージドインフラ製品「Vblock」《クリックで拡大》

 ここ10年の不景気により、企業は経費を節約して経済危機をしのぐ必要があった。そのため、多くのコスト削減計画が立案された。具体的には、仮想化や統合、新しいクラウドテクノロジーの調査、データセンターの一元管理、ソフトウェアの開発方法などの見直しが行われた。

 2015年6月15日に開催された米Gartnerの「IT Operations Strategies and Solutions Summit」では、Gartnerの副社長で著名なアナリストでもあるジェイ・パルツ氏が、今がITインフラのコストや運用コストの削減について再検討する好機だと述べた。同氏は、企業がコストを削減できる可能性のある6つの主要分野を取り上げた。だが、長期的なコスト削減を実現するには、投資が必要な分野があることにも留意されたい。

1.ソフトウェア定義インフラと統合インフラ

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

ブランデッドムービーを活用した共同広告商品、グライダーアソシエイツとパシフィックボイスが提供
グライダーアソシエイツとパシフィックボイス、FROGLOUDの3社は、ブランデッドムービーの...

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...