2015年07月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

データセンター管理者が取り組むべきもはや当然 ITコストを下げる“6つの新常識” (1/2)

今はITコストの削減に再度取り組むのにうってつけの時期だろう。本稿では、データセンターの管理者がITコストを削減できる6つの分野を紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
ik_tt_it01.jpg 米VCEのコンバージドインフラ製品「Vblock」《クリックで拡大》

 ここ10年の不景気により、企業は経費を節約して経済危機をしのぐ必要があった。そのため、多くのコスト削減計画が立案された。具体的には、仮想化や統合、新しいクラウドテクノロジーの調査、データセンターの一元管理、ソフトウェアの開発方法などの見直しが行われた。

 2015年6月15日に開催された米Gartnerの「IT Operations Strategies and Solutions Summit」では、Gartnerの副社長で著名なアナリストでもあるジェイ・パルツ氏が、今がITインフラのコストや運用コストの削減について再検討する好機だと述べた。同氏は、企業がコストを削減できる可能性のある6つの主要分野を取り上げた。だが、長期的なコスト削減を実現するには、投資が必要な分野があることにも留意されたい。

1.ソフトウェア定義インフラと統合インフラ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...