2015年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT業界で働く女性コンサルタントに聞いたここが甘いよ企業のモバイルアプリ対応、「iPhoneで使えれば合格」ではない

企業のモバイル対応は、ベーシックアプリからさらに先へ踏み出し、基幹業務アプリケーションへと進んでいる。その現状についてAccenture Mobilityのニッシャ・シャルマ氏に話を聞いた。

[TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device)


tt_aa_kaigai.jpg 米Accenture Mobility
ニシャ・シャルマ氏

 エンタープライズモビリティの成熟に伴い、企業はより複雑な基幹業務アプリケーションのモバイル対応に乗り出している。

 IT部門はそうしたアプリをユーザーに配布するに当たり、新しいツールとアクセスプロトコルを使ってアプリケーションの支配権を取り戻している。本稿ではアプリのセキュリティと使い勝手のバランスを取りながらモバイルの真価を引き出す方法と、企業が直面している管理上の課題について、技術コンサルティングとサービスを手掛ける米Accenture Mobilityのマネージングディレクター、ニシャ・シャルマ氏に解説してもらった。

――あなたにとって「モダンモビリティ」(最新のモビリティ)は何を意味しますか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...