Loading
2015年07月29日 10時00分 UPDATE
PR

インターネット経由でDR対策を実現運用やコストの悩みから解放する、バックアップソフト不要の簡単バックアップ術

増加するデータやコスト、複雑化する運用管理。IT担当者が抱えるバックアップの悩みはつきません。バックアップソフトいらずで、その悩みを解決する方法を紹介します。

[ITmedia]
intel インテル® Xeon® プロセッサー搭載

 BCP(事業継続計画)やDR(ディザスタリカバリ)対策として必要不可欠になりつつあるバックアップ。バックアップデータの重要性は日々高まり、データ保護の不備は企業経営に重大な影響を及ぼす可能性があります。しかし、システムやアプリケーションにより個別最適化されたバックアップや、プライマリストレージとバックアップストレージによる2段階運用により、データ量と手間が増加してしまいます。

 一方で、そもそもバックアップ統合ができていないため、データがサイロ化してしまっているケースもあります。その場合、万が一リカバリのときに時間がかかってしまう上、本当に回復できるかどうかも確実ではないという問題があります。

 上記のような悩みは、どうすれば解決できるのでしょうか。バックアップソフト不要で、シンプルかつ確実なバックアップを実現する方法を紹介します。

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部