Loading
2015年07月31日 10時00分 UPDATE
PR

急増するアプリケーション需要に柔軟/迅速に応えるわずか15分でサービスイン、超短時間システム構築が可能にするビジネスチャンスとは

ITを使ったビジネスの進展により、企業が活用するアプリケーションの数は急増している。パブリッククラウド並みの迅速性を持ちながらもエンタープライズ用途としての信頼性があるIT基盤が必要だ。その解決策とは。

[TechTargetジャパン]
xeon_i_rgb_60.jpg インテル® Xeon® プロセッサー搭載
HP ConvergedSystem

 モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、そしてクラウド──、調査会社の米IDCが「第3のプラットフォーム」と定義する技術が普及してきたことにより、企業を取り巻くIT環境は大きく変化しつつある。同社の予測によれば、2020年には30億ものデバイスがネットに接続され、2020年にはデジタルデータの総量は40Zバイトに膨れ上がり、10億ものモバイルアプリが利用されるという。

 この新しいITスタイルを支えるために、インフラ側ではどのような取り組みが必要となるのだろうか。突発的なリソースの増大でも安定的に稼働し、新しいアプリケーションの需要に対して柔軟かつ迅速に対応し、しかも運用負荷を急増させない仕組みが求められる。個々のビジネス要件にマッチしていることは必須条件だ。

 柔軟性や安定性、迅速性を考慮すれば、クラウドの利用が最適であろう。もちろん、コストや堅牢性、運用負荷、カスタマイズ性なども捨てられない。それでは一体、どのようなシステムにすればよいのだろうか。プライベートクラウドか、パブリッククラウドか。それとも、もっと良い解決策があるのか。

 本稿では、注目度が急速に高まっている「コンバージドインフラ」を中心に、エンタープライズの要件に適したシステムの導入方法について解説する。

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部