2015年08月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

x64か、それ以外か「いざ、ハイブリッドクラウド構築」、買ってはいけないハードウェアとは? (1/2)

ハイブリッドクラウドの成否を握るのはデータの管理と移動だ。これは、クラウドサーバ選びにおいても重要なポイントである。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

関連キーワード

SSD | SAN | ARM | UNIX | x86 | x86サーバ


tt_aa_kaigai.jpg クラウドに適したワークロードは?(参照:ハイブリッドクラウドってどんな技術? 実態をひも解く)《クリックで拡大》

 ハイブリッドクラウドには、重要な決定を下す前に検討すべき要素が数多くある。自社のハイブリッドクラウドに最適なクラウドサーバを決めることは、必要な判断事項の1つにすぎない。

 ハイブリッドクラウドは、市販の製品をベースにする必要がある。具体的には、x64アーキテクチャを使用するのがよいだろう。ARM64を候補に含めることはできるが、リリースされてから日が浅い。そのため、ハイパーバイザー環境での動作についてはまだ検証が必要だ。他のアプローチについて言えば、UNIXシステムを使用すると作業が複雑になる。また、メインフレームベースのハイブリッドクラウドは大きな矛盾をはらんでいる。

 とは言うものの、これらの代わりとなる多様な選択肢があることは間違いない。ネットワークとストレージは、ハイブリッドクラウドの動作に大きく影響する。そのため、さまざまな点で、ネットワークとストレージの要件に基づいて、市販のサーバを選択することになる可能性が高いだろう。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。