2015年08月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(教育IT編)「Chromebook」が学校を席巻? 2015年上半期、教育ITで最も読まれた記事は (1/2)

教育機関の関心は「iPad」などのタブレットから「Chromebook」へ移行? 2015年上半期に公開した、教育IT関連の記事ランキングを紹介します。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Chromebook | iPad | 教育 | 教育IT | タブレット


ランキング集計方法

期間中(2015年1月〜6月)に掲載した記事について、同期間中のページビュー上位10記事をピックアップしました。ページビューの計測対象は、TechTargetジャパンの主要読者であるユーザー企業/組織の読者です(ベンダーをはじめとするIT系業種や無職、学生の読者のページビューは除外しています)。


教育端末のスタンダードに? 「Chromebook」教育利用に高い関心

画像 広尾学園の医進・サイエンスコースでは、標準端末をiPadからChromebookへ移行(TechTargetジャパン記事「広尾学園・医進コースが『iPad』から『Chromebook』へ切り替えた理由」より)《クリックで拡大》

 TechTargetジャパンの専門メディア「教育IT」では2015年上半期も、教育機関に役立つIT製品や導入事例を幅広く紹介してきました。期間中に最も読者の関心を集めたのは、米Googleの「Chrome OS」を搭載するノートPC、「Chromebook」関連の記事でした。1位、4位、7位をChromebook関連記事が占め、学校用端末としてのChromebookの可能性を探ろうとする動きが活発化している様子が伺える結果となりました。

 閲覧数トップとなった「広尾学園・医進コースが『iPad』から『Chromebook』へ切り替えた理由」では、先駆的なIT活用校として知られる広尾学園 中学校・高等学校の医進・サイエンスコースによるChromebook導入事例を紹介。2011年度に米Appleのタブレット「iPad」を導入した同コースが2014年度に、標準端末をiPadからChromebookへ切り替えた理由とは何か。同コースのマネージャー、木村健太教諭の話を基に説明しています。

 広尾学園をはじめ、教育機関がChromebookに注目する理由とは何か。その理由を探るには、Chromebookの特徴を整理するのが近道です。4位の「『Chromebook』が学校の“一押しノートPC”になれる4つの根拠」は、グーグルの国内教育事業を統括する菊池裕史氏の話を基に、教育機関がChromebookを導入するメリットと課題、その解決策をまとめています。

 基本的にはデータを端末に残さないChromebookの特徴を生かし、シンクライアントシステムの代替としてChromebookが活用できると指摘するのが、7位の「Chromebookが救世主に? 『シンクライアントは高すぎる』という学校への代替策」です。利用可能なアプリケーションが限られるといった課題はあるものの、さまざまなメリットや用途が考えられるChromebook。導入に踏み切る教育機関は増えるのか。今後に注目です。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...