Loading
2015年08月12日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト「ベンダーロックインがない世界」とは? ネットワーク関連コスト削減の鉄則を探る

ベンダーの独自仕様に縛られてネットワーク機器のコスト増に悩む企業は多い。そのような企業にとって光明となるのが技術のオープン化の流れだ。話題のSDNやホワイトボックススイッチについて分かりやすく解説する。

[TechTarget]

 サーバやストレージと同様にネットワーク機器にもオープン化の流れが来ている。従来、ネットワーク機器はベンダーの独自技術が使用され、最新技術の採用も遅かった。結果的にユーザー企業は「ベンダーロックイン」の状態に置かれ、それがコストの高止まりを招いていた。しかし、ネットワークをソフトウェアで集中的に制御するSDN(Software Defined Networking)やユーザーが自由にネットワークOSを選択することができるOpen Networkingのトレンドが登場し状況が一変。ユーザー企業は独自技術に縛られることなく、ネットワーク構成や設定を低コストで柔軟に変更できるようになった。

 本コンテンツでは、ネットワークコストの増大や、柔軟性・拡張性の不足に悩む読者を対象に、SDN及びOpen Networkingを活用した最新ネットワーク技術のメリットについて解説する。企業システムにおける最後のベンダーロックイン領域ともいわれるネットワークのオープン化に興味がある方にとって、大変有益な内容だ。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを
ge_intel_xeon151030.png
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部