2015年08月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

バードストライクのリスクを低減ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用

変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。

[Ed Burns,TechTarget]
0814_kf_dfwairport.jpg 米ダラス・フォートワース国際空港の公式サイト《クリックで拡大》

 米ダラス・フォートワース国際空港でビジネスインテリジェンス(BI)担当マネジャーを務めるドウェイン・ワシントン氏にとって、新たなBIリポートを開発することは、家を建てるものだった。顧客から要件を聞き取ったら、そのインプットを基に成果を生み出すのである。

 ワシントン氏は最近、同氏のBIチームが顧客の要求をあまりにも尊重し過ぎているように感じているという。調査会社の米TDWIが開催した「The Analytics Experience」カンファレンスの講演で、同氏はこうした状況について、まっさらの図面を土地の所有者に渡して、書き上がった設計図通りに家を建てるようなものだと指摘した。そこには、顧客が浴室の設計を忘れてしまうといったリスクがある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...