2015年08月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

計画に向けて考えたい4つのステップハイブリッドクラウド構築、数Pバイトのデータを持つユーザーだけが分かっていること (1/2)

データおよびストレージの管理者は、ハイブリッドクラウドのシナリオに着手する前に、本稿で紹介する4つのステップを予備計画に加えることをお勧めする。

[George Crump,TechTarget]
tt_aa_kaigai290.jpg クラウドのメリット/デメリット(参照:ハイブリッドクラウドってどんな技術? 全体像を把握しよう)《クリックで拡大》

 中小企業の多くは、自社のITインフラの大部分をクラウドに移行している。一方、大企業は幾つかのSaaSを使用している程度で、クラウドを導入する動きは緩やかだ。大企業のデータセンターは適切なインフラや担当者が配置済みであるだけでなく、規模も非常に大きい。そのため、クラウドはデータセンターほど魅力的ではない。大企業にとっては、オンプレミスのインフラとクラウドを活用できるハイブリッドクラウドモデルがより効果的なアプローチになる。ハイブリッドクラウドは完璧ではない。だが、以下の4つのステップを踏むことで、データストレージの管理者はハイブリッドクラウドの構想を最大限に活用することができる。

ステップ1:インフラを知る

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...