2015年08月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Googleは石橋をたたいて渡るような企業ではない」Googleの「Alphabet」設立に見る、イノベーションとギークの在るべき姿

米Googleが新たに設立したAlphabet Inc.は、企業のイノベーション文化を持続することを目的としている。テクノロジー業界にとって、この動きは果たしてどのような意味があるのだろうか。

[Brian Holak,TechTarget]

関連キーワード

Google | CEO | CIO | イノベーション | 経営


0821_kf_google.jpg Alphabet Inc.の公式サイト《クリックで拡大》

 米Googleに組織再編をちゅうちょする考えはない。たとえそれが、自社自身を全面的に見直すことになってもだ。同社は先日、組織を再編して持ち株会社制に移行すると発表した。主力のインターネット事業をベンチャー事業などから分離し、今後は全ての事業を「Alphabet Inc.」と呼ばれる新会社の傘下で運営する。非常に大きな変更だが、Googleは石橋をたたいて渡るような企業ではない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...