2015年08月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TechTargetジャパン用語事典VMware Horizon View

VMware Horizon View/VMware View

[TechTarget用語事典,TechTarget]
tt_aa_horizon01.jpg Horizon 6、各エディションの内容(TechTargetジャパン記事「VDA不要のServer-VDIも、進化した「VMware Horizon 6」先行レビュー」から)《クリックで拡大》

 「VMware Horizon View」(旧称:VMware View)は、「VMware vSphere」用の仮想デスクトップホストプラットフォームである。デスクトップ環境をVMware ESX/ESXiホストの仮想マシンとして実行する。

 Horizon ViewとvSphereの連係によって、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)の環境を改善し、BYOD(私物端末の業務利用)を支援することを目的としている。

 Horizon Viewのバージョン5.2は、SAML(Security Assertion Markup Language)に対応した他、「VMware Blast」(旧称:Project AppBlast)によってHTML5対応ブラウザでの利用も可能になった。タッチスクリーン環境に最適化されたインタフェースも提供する。

 SE Sparseディスク形式によってストレージ領域を有効活用し、ハードウェア支援による3Dグラフィックスの高速化をサポートする。「Project AppShift」を実装することで、ジェスチャを用いたユーザーインタフェース(UI)を提供し、タブレット端末でのWindowsとWindowsデスクトップアプリケーションの操作性が向上した。米NVIDIAの仮想グラフィックプラットフォームとコミュニケーションツールの「Microsoft Lync」をサポートする。

VMware Horizon Viewについてもっと詳しく調べる

VMware Horizon Viewとは

0629_kf_yougo.jpg

 VMware Horizon Viewは、デスクトップを仮想化し、場所を問わず多様なデバイスからのアクセスと、デスクトップの集中管理を実現する。全てのデータはサーバ側に集約されるため、高度なセキュリティを維持することができる。iOSやAndroidを搭載した端末に対しては専用のクライアントアプリケーションを提供。Windowsアプリケーションをより利用しやすいようにユニティ機能を提供することで、タッチインタフェースで利用するデバイスに対してユーザーインタフェースの最適化をしている。

 また、HTML5対応ブラウザがあれば、HTML5に変換された仮想デスクトップを利用できることも特徴だ。これによって、専用のクライアントアプリケーションをインストールすることなく、仮想デスクトップへの接続が可能となり、外出先など自身の端末がない環境下においてもWebブラウザからセキュアに自身のデスクトップを利用することができる。

⇒詳しい解説はこちら

VMware Horizon Suiteとは

 Horizon Suiteは、デスクトップの仮想化基盤(VDI)で知られるVMware Horizon View、クライアントPCのOSを階層化しイメージ管理とバックアップを行う「VMware Horizon Mirage」、エンドユーザー向けのポータルを提供し、ユーザーデータやアプリケーションの連携を提供する「VMware Horizon Workspace」の3製品で構成される。

 各製品は単体での購入や利用も可能だが、3製品を統合的に利用することでシームレスなIT環境の利用が可能となる。

⇒詳しい解説はこちら

仮想化に関連するホワイトペーパー一覧

 クライアントベースの仮想マシンをはじめ、仮想化製品/サービスに関するさまざまな最新資料を提供しています。現在抱えている課題解決のためのヒントを得ることができます。

⇒ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

無料のプレミアムPDFをダウンロード提供中

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...