2015年08月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティと利便性の両立を目指すが……「Firefox」の魅力、豊富なアドオンに危機? 認証制度はなぜ不評か (1/2)

Firefoxは近くリリースするバージョンでセキュリティを向上するためにアドオン認証制度を導入する。その制度に対しユーザーや開発者から不評という声もあるが、なぜ導入するのだろうか。

[Michael Cobb,TechTarget]
tn_tt_firefox001.jpg FirefoxのダウンロードWebサイト《クリックで拡大》

 米Mozilla Foundationは、Webブラウザ「Firefox」の近くリリースするバージョンで、アドオン認証制度を本格導入する。新制度によってどのようにWebブラウザのセキュリティが守られるのか。新制度には不評もあるのはなぜなのだろうか。

 Webブラウザベンダーが自社Webブラウザの人気を高め、ユーザーのロイヤルティーを強化するために取る1つの方策は、独立系開発者にアドインやプラグインといった拡張機能の開発を奨励することだ。ユーザーは、付加機能を提供するこれらの拡張を導入してWebブラウザをカスタマイズし、自分にとって使いやすいWebブラウザにすることができる。だが、ベンダーのこうした方策にはマイナス面もある。粗悪なプラグインはやその動作基盤となるシステムの安定性に影響する恐れがあり、悪意あるプラグインは個人情報を危険にさらすからだ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...