2015年08月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック「Microsoft Azure」の機械学習を診療技術支援に応用 慶応義塾と日本マイクロソフトら (1/2)

慶応義塾大学医学部と日本マイクロソフトらが「Microsoft Azure」の機械学習による未来医療の実現へ始動。医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Microsoft Azure | 医療IT | 医療クラウド


photo コミュニケーション支援ツール《クリックで拡大》

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。

 今回は、難聴者の聞こえを改善するコミュニケーション支援ツール、病体生理研究所のデータ変換ツール導入事例、慶応義塾と日本マイクロソフトらが開始する「ICTを活用した診療支援技術研究開発プロジェクト」などを取り上げる。

電子カルテのクラウド化を完了 シーエスアイ

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...