2015年08月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック「Microsoft Azure」の機械学習を診療技術支援に応用 慶応義塾と日本マイクロソフトら (1/2)

慶応義塾大学医学部と日本マイクロソフトらが「Microsoft Azure」の機械学習による未来医療の実現へ始動。医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Microsoft Azure | 医療IT | 医療クラウド


photo コミュニケーション支援ツール《クリックで拡大》

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。

 今回は、難聴者の聞こえを改善するコミュニケーション支援ツール、病体生理研究所のデータ変換ツール導入事例、慶応義塾と日本マイクロソフトらが開始する「ICTを活用した診療支援技術研究開発プロジェクト」などを取り上げる。

電子カルテのクラウド化を完了 シーエスアイ

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...