2015年08月28日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

7つのケースで解説:Citrix XenApp 選択のポイント

場所や時間に制約されずに、業務に最適な機器でシステム接続するためのクライアント仮想化のニーズは高まる一方である。そのツール選びにおいて、ユーザーの利便性、管理の容易性といった観点から、導入検討のポイントを明らかにする。

[ITmedia]

 近年、ユーザーが場所や時間に制約されることなく、業務に最適な機器でシステム接続する手段としてデスクトップ仮想化が注目を集めている。

 本ホワイトペーパーは、セッションベースのデスクトップ仮想化テクノロジーとして、「Citrix XenAppをどのような場合に選択すれば良いか」について提示することを目的とした資料である。Citrix XenAppがどのような場面で最適な選択となるのか、Microsoft Remote Desktop Servicesと機能面、ユースケースを比較しながら解説している。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年9月10日

【導入メリット】【支えるIT技術】【実践している企業事例】