Loading
2015年09月01日 10時00分 UPDATE
PR

増え続ける仮想環境でのバックアップの課題も解決ファイルサーバ管理を簡単にする“今どきバックアップ”運用

業務データの共有に非常に便利なファイルサーバだが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生している。そうした課題解決のベストプラクティスを探る。

[TechTargetジャパン]

 近年、企業が取り扱うデータ量は飛躍的に増大し続けている。そこで企業規模を問わず利用されているのが、ファイルサーバだ。複数人でファイルを閲覧したり、共同編集することで効率よく業務を行ったりするための重要なITインフラとなっている。

 しかし、多くの従業員で共有するファイルサーバでは、さまざまな問題が表面化し始めている。個々のファイルのデータ量が肥大化したことで、ファイルサーバのストレージ容量が短期間で不足してしまうという問題だ。

 容量不足のままではサーバにファイルが保存できなくなり、業務に大きな支障を来すことになる。応急措置として、過去データを削除することで容量不足に対処する企業も少なくないが、この際、以下のような光景を見掛けることがある。

  • ストレージ容量の圧迫:削除してもいいファイルなのかを判断することができないため、ストレージ容量の確保が難しい
  • 予期せぬデータ削除:ストレージ容量を確保するためにデータを削除され、必要なファイルまで消されてしまうというトラブルが発生
  • 共有ファイルの更新:ファイルサーバに保存しておいた共有ファイルの内容がいつの間にか更新されていて、知りたい内容が分からない
  • 突然のデータ要求:監査などのため、過去に作成したデータが必要に。探す手間がかかり業務効率の低下を招く

 これらの運用課題は、高機能なデータ管理ツールを導入したり、データ保護用ストレージを用意すれば、解決できないことはない。しかし、そのためには大きなコストと運用負荷が発生することになり、多くの企業にとって導入のハードルは高い。こうした中、課題を解決するための製品・サービスが登場し、注目を集めている。

提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部