2015年09月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仕事にも使えるはず登場前なのに高まるワクワク感、拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」の使い道は?

米MicrosoftのHoloLens 3Dヘッドセットの企業における使用事例には事欠かないが、そのサイズと価格が本来の消費者主導のモビリティを妨げているかもしれない。

[Matt Schulz,TechTarget]
photo 《クリックで拡大》

 3D対応のヘッドセット「Microsoft HoloLens」が企業にうまく適合する多くの事例があるが、HoloLensは、正確にはモバイルツールではない。

 MicrosoftのCEOサトヤ・ナデラ氏は2015年7月、近く登場する拡張現実ヘッドセットである「Microsoft HoloLens」について、「同社のモビリティ戦略の一部である」と述べた。その見解は少々強引ともいえる。現段階では、HoloLensが一般消費者向けのツールになる可能性は低いからだ。しかし「ユーザーの現実世界と融合したホログラムは、創造、対話、仕事、遊びのための全く新しい方法を解き放つ」というMicrosoftのメッセージが事実なら、それは幾つかの企業の事例を思い出させる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...

news071.jpg

サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した...

news023.jpg

2018年上半期、テレビで最も長時間話題になったのは「北朝鮮情勢」(181時間56分14秒)――エム・データ調べ
エム・データは、「2018年上半期TVニュースランキング」を発表しました。