2015年09月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仕事にも使えるはず登場前なのに高まるワクワク感、拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」の使い道は?

米MicrosoftのHoloLens 3Dヘッドセットの企業における使用事例には事欠かないが、そのサイズと価格が本来の消費者主導のモビリティを妨げているかもしれない。

[Matt Schulz,TechTarget]
photo 《クリックで拡大》

 3D対応のヘッドセット「Microsoft HoloLens」が企業にうまく適合する多くの事例があるが、HoloLensは、正確にはモバイルツールではない。

 MicrosoftのCEOサトヤ・ナデラ氏は2015年7月、近く登場する拡張現実ヘッドセットである「Microsoft HoloLens」について、「同社のモビリティ戦略の一部である」と述べた。その見解は少々強引ともいえる。現段階では、HoloLensが一般消費者向けのツールになる可能性は低いからだ。しかし「ユーザーの現実世界と融合したホログラムは、創造、対話、仕事、遊びのための全く新しい方法を解き放つ」というMicrosoftのメッセージが事実なら、それは幾つかの企業の事例を思い出させる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

製造業のデジタルマーケティングはなぜ成果が出ないのか
2017年7月12日にアイティメディアと富士通総研が共催した「製造業のためのデジタルマーケ...

news081.jpg

プラットフォーム・ワン、プログラマティック広告運用専門のコンサルティングサービスを提供開始
プラットフォーム・ワンは、コンサルティング事業部を設立し、プログラマティック広告運...

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...