2015年09月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド移行の際には脱出手段も考えておこう「Windows」の歴史を繰り返すクラウドベンダー Microsoft、IBM、Amazonの協業の未来は?

IBMからAmazonに至るまで、多くの大手テクノロジー企業は、クラウド関連のパートナーシップを結んでいる。だが、このようなパートナーシップは果たしてどのくらい続くのだろうか。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg クラウドベンダー散布図(参照:【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング)《クリックで拡大》

 テクノロジーに関する多くの物事と同じように、クラウドベンダーの情勢も常に進化している。多くの場合、長きにわたって競合関係にあった企業が、互いの違いを無視して提携している。このトレンドは、特にクラウド市場で一般的になっている。

 米Microsoftと米Oracleを例に見てみよう。MicrosoftとOracleは数十年にわたって最大のライバルという関係にあった。だが、クラウドについては、仲たがいしないことを学んだようだ。Microsoftユーザーは、「Windows Server Hyper-V」または「Microsoft Azure」でOracleの「Java」「Oracle Database」「Oracle WebLogic Server」「Oracle Linux」を実行することができる。そして、全てのソフトウェアの認定とサポートはOracleが行う。だが、なぜ急にこのような心変わりをしたのだろうか。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...