2015年09月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

VMworld 2015で明らかに「Windows 10」で“冷戦”終了、VMwareとMicrosoftの本当の仲は?

米VMwareは、Windows 10アプリケーションの新しい配信・管理ソリューションのテクノロジープレビューを披露した。このソリューションでは同社の「AirWatch」と「App Volumes」が使われる。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
0908_kf_vmworld.jpg VMworld 2015の公式サイト《クリックで拡大》

 米VMwareと米Microsoftは、「Windows 10」アプリケーションの企業利用を促進する新プロジェクトでついに手を組んだ。だがIT担当者がその成果を利用できるのは、まだ先のようだ。

 両社は仮想化分野で長年のライバル関係にあったが、モバイル端末やPCでのWindows 10アプリケーションの展開と管理を容易にするエンドユーザーコンピューティング(EUC)ソリューション「Project A2」(プロジェクトエースクエア)の提供に向けて提携した。2015年9月1日(現地時間)、米国で開催されたVMwareの年次カンファレンス「VMworld 2015」でテクノロジープレビューが披露された。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...