2015年09月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

VMworld 2015で明らかに「Windows 10」で“冷戦”終了、VMwareとMicrosoftの本当の仲は?

米VMwareは、Windows 10アプリケーションの新しい配信・管理ソリューションのテクノロジープレビューを披露した。このソリューションでは同社の「AirWatch」と「App Volumes」が使われる。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
0908_kf_vmworld.jpg VMworld 2015の公式サイト《クリックで拡大》

 米VMwareと米Microsoftは、「Windows 10」アプリケーションの企業利用を促進する新プロジェクトでついに手を組んだ。だがIT担当者がその成果を利用できるのは、まだ先のようだ。

 両社は仮想化分野で長年のライバル関係にあったが、モバイル端末やPCでのWindows 10アプリケーションの展開と管理を容易にするエンドユーザーコンピューティング(EUC)ソリューション「Project A2」(プロジェクトエースクエア)の提供に向けて提携した。2015年9月1日(現地時間)、米国で開催されたVMwareの年次カンファレンス「VMworld 2015」でテクノロジープレビューが披露された。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...