2015年09月16日 11時00分 公開
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介動画:救急医療のIT化から学んだ、学校に伝えたい3つの言葉――佐賀県職員 円城寺氏

教育現場にも救急医療現場にも共通した、IT活用を成功させる秘訣とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iTeachers | 教育IT | iPad | タブレット


画像 iTeachers TV第15回には第16回に引き続き、救急医療現場へのIT化を進めた佐賀県の円城寺氏が登場《クリックで拡大》

 現場では何が課題になっているのか。どうすればその課題を解決できるのか――。「救急医療を変えたい」という一心で、米Appleのタブレット「iPad」をはじめとするITの導入を進めた、佐賀県 統括本部 情報・業務改革課の円城寺 雄介氏。自らの足と目を使って現場を回り、そこにある課題を見つけ、解決策を考える。その中で、ITの活用が効果的だと判断すれば、ちゅうちょせず導入の道を探る。IT導入ありきではない円城寺氏のこうした行動の背景には、「ITは道具にすぎない」という意識があったといいます。

 救急医療現場でのIT活用で成果を上げた円城寺氏。その活動の中で得た教訓は、救命医療の現場だけでなく、教育現場をはじめとする幅広いシーンに共通して役立つはずだと同氏は語ります。IT活用に挑む教育関係者に向けて、同氏が贈るキーワードは3つ。「現場主義」「草莽崛起(そうもうくっき)」「共感」です。iTeachers TV第16回では、各キーワードが意味するところや、それぞれに込めた思いについて、同氏が自らの経験を基に熱く語ります。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、教育ICTコンサルタントの小池幸司氏が登場。教育現場に役立つiPadアプリを紹介します。今回紹介するのは、プレゼンテーションで使えるiPadアプリです。iPad用プレゼンアプリといえば、Apple純正の「Keynote」や米Microsoftの「Microsoft PowerPoint」を真っ先に思い浮かべる人も多いはず。ただし小学生などの幼い学習者にとって、こうした多機能なツールは使いこなすのが難しいのではないかと小池氏は指摘。有力な代替策を紹介します。詳細は番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...

news082.jpg

ネットメディアの広告(PR)記事はどのくらい読まれている?──新R25調査
新R25が、ニュースやコラムなどネットメディアが提供する記事についてアンケート調査を実...