Loading
2015年09月25日 10時00分 UPDATE
PR

最先端の研究者が疑念に答える「生体認証=使えない」はもう古い、パイオニアが語る生体認証の驚くべき進化

相次ぐ情報漏えいへの対策として有効な生体認証。その中でも「手のひら静脈認証」は従来の生体認証の弱点をカバーし、より使い勝手を高めた技術だ。手のひら静脈認証の実力を研究者自身が解説する。

[TechTargetジャパン]

 サイバー攻撃対策として長く注目されてきたのが、人間の身体的特徴を使って個人認証を行う生体認証技術だ。だが、生体認証には「認証精度にムラがあり、実際のビジネスの現場では使えない」というネガティブなイメージを持つ利用者もいて、導入をためらっているケースがある。そのようなネガティブなイメージをひっくり返しつつあるのが「手のひら静脈認証」だ。手のひら静脈認証は金融や公共など、セキュリティを重視する企業や組織で導入が増えている。なぜ手のひら静脈認証が続々と採用されているのだろうか。その理由を解き明かす。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部