2015年09月18日 13時00分 UPDATE
特集/連載

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)

コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Google Apps | Windows 10 | ANA(全日本空輸)


サボり癖がある部下はこう監視せよ

photo Slackの公式Webサイト《クリックで拡大》

 編集部お薦めの記事は、3位の「これはチーム作業がはかどる――チャットツール「Slack」が絶賛される理由」です。OSと作業環境の多様化によって、共同作業が煩雑になる場合があります。米Slack Technologiesの「Slack」は、この状況を変えられるかもしれません。Slackを使用すると、Webページを通じてチームの共同作業に使用できます。また、シンプルな設定によって、ファイルは確実に共有されるため、誰かが仕事をサボることはないとのこと。今回は、組織内のコミュニケーションや共同作業がはかどるツール導入に関する記事を紹介します。

Gmail移行のきっかけはさまざま

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...