2015年09月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「誰と研究すべきか?」が分かるシステムも開発事例:Johnson&Johnsonはデータ分析でどう製品検査コストを削っているのか?

Johnson&Johnsonの研究チームは、ナレッジマネジメントシステムのデータを活用して、製品検査に掛かるコスト削減や、共同研究の支援を試みている。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
ik_tt_jj01.jpg Johnson&Johnsonが導入した「Sophia」のWebサイト《クリックで拡大》

 大量のデータを持つ企業にとって、過去の実績の中から意思決定に有効活用できるパターンを掘り起こすのは難しいこともある。データはあっても、それを読み解いて行動の変化に結び付ける時間がない場合もある。

 消費者向けの衛生用品を手掛ける米Johnson&Johnson(J&J)の場合、例えば皮膚の刺激試験など、製品の検査に関する何十年分ものデータを持っている。適切なツールと人間の分析力があれば、時間と経費の削減につながる検査についての情報を研究員が掘り起こすことも可能だ。だがまずは、そうしたデータのパターンを見極めて活用できなければならない。

問題がない製法を捨てていた?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...