2015年09月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows Server 2016」プレビュー版に搭載これが本命か、Windowsネイティブの「Docker」コンテナが登場 その意味とは?

次期WindowsサーバOSの最新プレビュー版で、Dockerツールで管理できるWindows Serverコンテナがついに登場した。

[Trevor Jones,TechTarget]

関連キーワード

Docker | Hyper-V | 仮想マシン(VM)


tt_aa_kaigai.jpg Windows Server Container発表(出典:米Microsoft Scott Guthrie氏のブログ)《クリックで拡大》

 いよいよWindowsユーザーは、Windows環境でネイティブに動作するDockerコンテナを試せるようになった。

 米Microsoftは2015年8月、次期サーバOSの最新プレビュー版「Windows Server 2016 Technical Preview 3」(以下、Windows Server 2016 TP3)を公開した。Windows Server 2016 TP3では「Windows Server Container」のプレビューが初めて提供された。このコンテナはコンテナ技術「Docker」のツールで管理できる。WindowsユーザーがWindowsネイティブのDockerコンテナを試すことができるのはこれが初めて。Dockerコンテナは従来、Linuxでしか使用できなかった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...