2015年09月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows Server 2016」プレビュー版に搭載これが本命か、Windowsネイティブの「Docker」コンテナが登場 その意味とは?

次期WindowsサーバOSの最新プレビュー版で、Dockerツールで管理できるWindows Serverコンテナがついに登場した。

[Trevor Jones,TechTarget]

関連キーワード

Docker | Hyper-V | 仮想マシン(VM)


tt_aa_kaigai.jpg Windows Server Container発表(出典:米Microsoft Scott Guthrie氏のブログ)《クリックで拡大》

 いよいよWindowsユーザーは、Windows環境でネイティブに動作するDockerコンテナを試せるようになった。

 米Microsoftは2015年8月、次期サーバOSの最新プレビュー版「Windows Server 2016 Technical Preview 3」(以下、Windows Server 2016 TP3)を公開した。Windows Server 2016 TP3では「Windows Server Container」のプレビューが初めて提供された。このコンテナはコンテナ技術「Docker」のツールで管理できる。WindowsユーザーがWindowsネイティブのDockerコンテナを試すことができるのはこれが初めて。Dockerコンテナは従来、Linuxでしか使用できなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...