2015年10月08日 12時15分 UPDATE
特集/連載

仮想デスクトップに活路政府も企業も悩むモバイルとセキュリティ 解決策は?

米国共通役務庁(GSA)はIT運用の再編成を行い、米国各地に分散していたGSAのIT業務を一元管理するとともに、1万4000台のデスクトップPCの多くをVMwareのVDI環境に移行したという。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
tt_aa_kaigai.gif VMware Horizon Viewのアーキテクチャ(出典:徹底比較:生い立ちから分かる、デスクトップ仮想化主要3製品の違いとは?)《クリックで拡大》

 政府機関のIT部門の中には、全てのIT部門と同じジレンマを抱えているところがある。具体的には、セキュリティと自由を確保しながら、モバイルユーザーをサポートする柔軟性を提供するという課題だ。

 米国政府機関のIT部門は、セキュリティのバランスを取りながらエンドユーザーに選択肢を与えるという難題に直面している。そして、多くのIT部門が両者を実現するために使用しているのが仮想デスクトップインフラ(VDI)だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

サイバーエリアリサーチが社名とCIを変更、Geolocation Technologyへ
サイバーエリアリサーチが、商号をGeolocation Technologyに変更。併せてCIの変更を発表...

news024.jpg

ぴあ、「チケットぴあ」などのデータを活用したプライベートDMPの本格提供を開始
ぴあは、国内最大級のライブエンターテインメントおよびレジャーのプライベートDMPサービ...

news003.jpg

中国向けビジネスはいつも想像の斜め上を行く――越境ECを阻む「3つの壁」について
大きな潜在需要が見込める一方、リスクも少なくない中国向けビジネス。今回は、日本企業...