2015年10月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワークトラブルシューティングインフラの強化を考える前にやるべきネットワーク速度低下の改善策

速度低下の原因として、ネットワークに深刻なボトルネックが生じている可能性が考えられる。こうしたボトルネックは、新しい設備予算を検討する前に対処すべきものだ。

[Computer Weekly]
Computer Weekly

 ネットワークの速度が低下すると、速度を維持するにはインフラのアップグレードが必要だと考えがちだ。

 大抵の場合、速度低下の原因は、猫の動画をダウンロードするユーザーが増えているからではなく、ネットワークに深刻なボトルネックが生じているからである可能性が高い。こうしたボトルネックは、新しい設備予算を検討する前に対処できるものであり、対処すべきものだ。

Computer Weekly日本語版 10月7日号無料ダウンロード

17788.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ネットワークが一貫して低速の場合、問題発生箇所を正確に突き止めるのは難しく、複数の問題が同時に発生していることもある。少数の疑わしい側面から調査を始めることが重要だ。

 最も疑わしいのは帯域幅の問題だ。しかし、調査してみるとLAN環境では問題が見つからないことが多い。LAN環境では広い帯域幅を利用できるからだ。次に可能性が高いのは、WANに問題がある場合だ。WANはキャパシティーが限られており、費用も高い。

 英Networks Firstで主席コンサルタントを務めるジェイソン・ピーチ氏によると、WAN環境でネットワークが低速になる問題は、QoS(Quality of Service)ソフトウェアを導入していなことに原因がある可能性が高いという。

 「問題が発生したら帯域幅を増やすのではなく、高度な分析を行って帯域幅を最適化する方が、帯域幅競合の解決策としては適切なことが多い。帯域幅の競合は、LAN、WAN、無線LANなど、どのようなネットワーク環境下でも起こる問題だ」とピーチ氏は話す。

 エンドツーエンドの遅延(PCからサーバまでエンドツーエンドのパケットに発生する遅延)や、ネットワーク上での再転送の原因となるエラーもアプリケーションのパフォーマンスを低下させ、ネットワークを遅くする。

 「ネットワークやネットワークポートを不適切に構成していることも、特定のネットワークパスのスループット効率に影響し、ユーザーに影響が及ぶ可能性がある」とピーチ氏は言う。

 米SolarWindsで「コンピュータおたく」を束ねるドン・トーマス・ジェイコブ氏によると、堅牢なネットワーク監視ツールを利用すれば、ネットワーク機器の健全性と状態を確認できるという。「SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用してルーターとスイッチを監視すると、ルートフラッピング、パケットロス、ラウンドトリップ時間(RTT)の増加や遅延を可視化できる。またSNMPは機器のCPUやメモリの使用率が非常に高くなったら通知するなど、多数の有益な情報を提供してくれる」と同氏は語る。

パケットロス

 独T-Systemsでデリバリーソリューションズマネジャーを務めるジェームス・ミーク氏によると、パフォーマンスが低いネットワークの特徴はパケットロスが生じていることにあるという。パケットロスの計測は、各種ツールを使用するさまざまな方法がある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...