2015年10月21日 17時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介動画: 1コマの授業で6カ国の先生と英会話? 同志社中学校が実践

同志社中学校がタブレットと「Skype」で実践する、ITならではの英会話学習術とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iTeachers | 教育IT | iPad | タブレット


同志社中学校の反田教諭 iTeachers TV第20回は第19回に引き続き、同志社中学校の反田教諭が同校のIT活用実例を紹介《クリックで拡大》

 英語学習の基本である「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」という4種の技能を、ITをうまく使いながら生徒にいかに身に付けてもらうか――。同志社中学校(京都市左京区)で英語を教える、図書・情報教育部主任の反田 任教諭は、その解を探るべく、実践を続けています。その取り組みの1つが、米Appleのタブレット「iPad mini」と、チャット・通話サービス「Skype」を活用したオンライン英会話の活用です。

 反田氏が「ITならではの授業だ」と強調する、iPad miniとSkypeを活用したオンライン英会話の授業。同志社中学校では1コマの授業(約50分)の中で、生徒に6カ国の外国人教員にインタビューしてもらう取り組みをしています。その他、「Where do you live?(どこに住んでいるか)」「Where are you from?(出身はどこか)」といった直接的な質問を禁止した上で、外国人教員に英語で質問して出身国を当ててもらうなど、生徒の思考力を育てる仕掛けも盛り込んでいます。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、教育ICTコンサルタントの小池氏が登場。Appleのタブレット「iPad」で使える教育現場向けアプリケーションを紹介します。今回紹介するのは、英単語や数字などのテキストや絵を書いた学習用カードであるフラッシュカードを手軽に作成・共有できる「Flashcards」です。テキストが書かれたCSVファイルを読み込んでフラッシュカードを自動作成したり、音声合成機能でテキストの英単語を発音するなど、ITならではの機能が備わっています。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...