2015年10月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理もビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる

Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Mac | 仮想マシン(VM) | iPad


Mac MacBook Pro《クリックで拡大》

 多くのMacユーザーが既に慣れ親しんでいる米Parallelsの「Parallels Desktop」は、MacでWindowsアプリケーションを簡単に実行できるようにするソフトウェアだ。これにはBusiness Editionもあり、社内のMacに対する一括展開と集中管理を行う機能が用意されている。IT管理者がこれを活用しない手はない。

 Parallels Desktopの一般的な用途は、Mac上でローカルに実行してWindowsオペレーティングシステム(OS)の仮想環境を作ることだ。これを使えば、Windows用プログラムとMac用アプリケーションを並行して実行したり、Mac環境とは切り離された専用空間でWindows用プログラムを実行したりできる。「Parallels Desktop for Mac Business Edition」なら、IT管理者がWindowsベースの仮想マシン(VM)を一括展開し、その設定を集中管理し、従業員が業務に利用して機密データを保護するための安全な環境を提供することができる。

Parallels Desktop Business Editionを使い始める前に

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...