2015年10月29日 15時30分 UPDATE
特集/連載

信頼で成り立つデジタル経済「ビッグデータ分析は気味が悪い」と思わせないために企業がすべきこと

デジタル経済の大部分は、消費者がサービスと引き換えに情報を提供する前提で成り立っている。企業が信頼を築くためには情報プライバシーポリシーの採用が不可欠だ。

[Ed Burns,ITmedia]
tt_aa_kaigai.jpg 懸念する情報漏えいの原因(参照:情報漏えいの“敵”は社内にあり 「内部犯行」「うっかりミス」に懸念)《クリックで拡大》

 給与サービスを手掛ける米PaychexのMIS(経営情報システム)&ポートフォリオマネジャー、フィリップ・オーブライアン氏が従業員離職のモデリングに着手したいと考えたのは、退社する従業員の数を減らせる可能性が大きいと確信したためだった。だが同時に、情報プライバシー保護の配慮をしなければ、雇用関連の法律に違反する恐れがあることも認識していた。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...