Loading
2015年10月30日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト答えは1つではない、これからの「仮想化/クラウドソリューション」の選び方

目まぐるしく外部環境が変化する現在、ビジネスの将来を見据えた拡張性・速度・省コスト性を備えたIT基盤の整備は喫緊の課題だ。そこで、このIT基盤を支えるソフトウェア志向共通基盤の設計図となる「Dell Blueprint」のラインアップと導入優位性について見ていきたい。

[ITmedia]

 変化の激しいビジネス環境に柔軟に対応するため、従来のITと新しいITを融合させ、将来を見据えた拡張性・柔軟性に優れたIT基盤をコスト最適で整備する必要がある。そこで注目を集めるのがワークロード対応、仮想化基盤対応といった従来ITと、インフラのソフトウェア制御、クラウド対応、ビッグデータ最適化などの新しいITを統合した「Future-Ready Enterprise」という考え方だ。

 本Webキャストは、この「Future-Ready Enterprise」の中核をなすソリューション「Dell Blueprint」についての解説である。インフラからOS、アプリケーションなどをワークロードに合わせて垂直統合し、実証・検証を済ませた標準構成がソリューションとして提供されている。「仮想化」「デスクトップ仮想化」「ビッグデータ活用」などの分野において、さまざまなソリューションがラインアップされており、実装のための具体的な提供形態についても説明されている。

 また、クラウド、オープン化の分野でパートナーエコシステムを確立しており、IoT活用の実現に向けた取り組みについても、ぜひ本Webキャストで確認してもらいたい。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能
ge_intel_xeon151030.png
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部