2015年10月31日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介動画:“おもちゃ”だったSNSが“学びの場”になるまで――袖ヶ浦高校 永野教諭が明かす

先駆的なタブレット活用校として知られる千葉県立袖ヶ浦高等学校が、日常的なIT活用にこだわる理由とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iTeachers | 教育IT | iPad | タブレット


袖ヶ浦高校の永野教諭 iTeachers TV第22回は第21回に引き続き、袖ヶ浦高校の永野教諭が同校のIT活用の狙いを紹介《クリックで拡大》

 千葉県立袖ヶ浦高等学校の情報コミュニケーション科が2011年に始めた、タブレットをはじめとするIT活用。同科でタブレット活用を推進する情報コミュニケーション科長の永野 直教諭が強調するのは、日常的なIT活用が、本当の意味での情報モラル教育につながるという考えです。「ルールや規範の教育だけでは、情報モラル教育にはならない」と同教諭は指摘。授業や部活動など、学校生活のあらゆるシーンでITの活用を継続することで、本当の意味での情報モラルが育っていくと語ります。

 日常的なIT活用が、どのように情報モラル教育につながるのか。袖ヶ浦高校でのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)活用のいきさつに、そのヒントがありました。同校の情報コミュニケーション科では、授業でSNSを使い始めたころ、生徒が授業に関係のない発言を繰り返していたと永野教諭は明かします。「生徒にとって当初、SNSはおもちゃにすぎなかった」(同教諭)からです。しかし、その後も授業でSNSを積極的に使い続けることで生徒の意識が変わり、いつしか不適切なコメントは皆無になったといいます。「SNSで意見を交換したり、自分の発言が授業で取り上げられたりといった経験を重ねることで、『SNSはおもちゃではなく、情報を発信したり共有したりするツールだ』という意識が自然と芽生えてきた」(同)

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科の小酒井 正和 准教授が登場。電子黒板を利用せず、米Appleのタブレット「iPad」の画面をクラス全員に見せる方法を解説します。小酒井准教授は、Appleのセットトップボックス「Apple TV」を使えば、iPadの画面を手軽に大画面テレビに表示できると説明します。その具体的な方法とは。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...

news070.jpg

SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluc...

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...