2015年11月02日 19時00分 UPDATE
ニュース

NEWSイグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設

イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。

[西本愛子,TechTargetジャパン]

 JBCCホールディングスのグループ会社であるイグアスは2015年11月2日、日本アイ・ビー・エム(IBM)のパートナー企業向けにクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ(CAMSS:キャムズ)領域の製品の評価・検証を支援する施設「CAMSSセンター」を同日に開設したと発表した。

 CAMSSセンターはアプリケーション開発企業をはじめとするパートナー企業の利用を想定。今後の企業経営に必要とされるCAMSSテクノロジーを活用したシステム提案の一環として、日本IBMが提供する各種ソフトウェア、ハードウェア、クラウド環境などの検証環境を完備している。パートナー企業は、ネットワークを通じて遠隔地からこうした検証環境を利用できる。セキュリティを確保しながら、迅速なソリューションの開発と初期費用の低減を実現するという。

 またCAMSSセンターでは、アプリケーション開発企業に対して日本IBMの最新製品/サービスの研修プログラムを順次提供。IBM製品/サービスを活用した独自製品/サービスの開発と提案活動を支援する。パートナー企業の技術者や営業担当者は同センターを通じて、IBM製品/サービスに関する新しいテクノロジーや開発手法、運用ノウハウの習得が可能となる。

 イグアスは、CAMSSセンターの開設に伴い、テクニカルサポート要員による各種検証/研修サービスを提供する。第1弾として、日本IBMのミドルウェア製品のバージョンアップ検証や、パートナーが提供する製品/サービスのマルチOS環境での動作検証、ストレージ製品の検証、「IBM SPSS」をはじめとするアナリティクス製品の研修などの提供を開始する。

 また日本IBMは、IBMのクラウドコンピューティング、ビッグデータ解析、モバイル、ソーシャル、セキュリティ分野のテクニカルサポート要員をCAMSSセンターに配置することで、組織の課題解決を支援する。

 CAMMSセンターで提供する主要なサービスメニューを以下に示す。

  • 「CAMSSセンター」提供メニュー
    • ソフトウェア検証環境の提供
      • CAMSSソリューションなどの検証及およびバージョンアップなど各種検証
    • ハードウェア検証環境の提供
      • 最新製品の検証、さまざまな環境接続の検証、パフォーマンス測定などの検証
    • デモ、セミナー、研修の実施
      • 製品のご紹介および、CAMSSソリューションの設計・導入の研修、各種製品設定方法のハンズオン研修などを実施
    • 機器の貸し出し
    • 遠隔地からの利用を目的とした広域ネットワークの提供

 また、上記サービス提供のために、次の環境を用意している。

  • 動作確認ができる主な製品/サービス
    • ハードウェア
      • サーバ「IBM Power System S814」、ストレージ「IBM Storwize V7000」「IBM FlashSystem 840」など
    • ソフトウェア
      • IBM SPSS、メールシステム「IBM Verse」、モバイルアプリケーション開発・運用基盤「IBM MobileFirst Platform」、データベース監査製品「IBM InfoSphere Guardium」、セキュリティアプライアンス「IBM DataPower」など

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...