Loading
2015年11月06日 10時00分 UPDATE
PR

企業に立ちはだかるデータ分析の“壁”とはExcelで集計作業はもう限界、専門家いらずのレポーティング自動化

データ集計や分析などに利用されているExcelだが、限界を感じている人も少なくない。しかしBIツールを検討すると新たな課題に気付き二の足を踏む企業も多い。本稿ではBIツール導入の成功事例を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 社内のデータ集計や分析、レポーティングに広く利用されている表計算アプリ「Microsoft Excel」。しかし、「データ量が増えると、集計にかなり時間がかかってしまい、経営会議に提出するレポート作成が間に合わない」や「手動でのデータ取り込み集計に大きな手間がかかる」「リアルタイムに集計・分析結果を共有できない」などさまざまな課題に直面している企業も少なくない。

 そこで、新たなデータ集計・レポーティングツールとして、BIツールの活用を多くの企業が進めている。だが、いざ比較・検討を始めトライアルなどで試してみると、「簡単に使えると聞いていたが、思っていたほど簡単じゃない」「データの取り込みや集計に、専門スキルが必要」「予想外にコストが掛かる」といった新たな課題に気付き、BIツールの導入に二の足を踏んでしまう企業も多いのが実情ではないだろうか。

 システムの専門家を置くことのできない中堅・中小企業は、データ分析を諦めなくてはいけないのか。いや、諦めてしまうのは、まだ早い。本稿では、Excel分析の限界を新たな方法で突破し、リアルタイム経営を実現した事例を紹介する。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部