Loading
2015年11月10日 10時00分 UPDATE
PR

早い、分かりやすい、多角的な視点が簡単に経営会議で絶賛される分析リポートを作成する秘訣

経営会議用の報告書や分析リポートの作成に手を焼く担当者は多いだろう。せっかく提出したのに、経営層からの評価は厳しいこともある。そんな担当者にお薦めしたい改善策がある。

[TechTargetジャパン]

 本来、経営会議の目的は、あらかじめ立てられた経営計画や販売目標などに対して達成度や実績を対比させることで的確な経営判断を下し、ビジネスの活性化や企業体質の改善を図ることにある。そのため、それぞれの業務部門では迅速に分析リポートをまとめて「最新の情報をより分かりやすい形」で提出することが求められる。しかし、実際には、漫然と「Microsoft Excel」で通り一遍の集計を行うだけで精いっぱいで、毎回同じコメントになるというケースも多々あるのではないだろうか。

 A社もかつてはそうだった。しかし、ビジネス状況が厳しくなる中で、ついに定例報告のリポートに対する社長の不満が爆発する。各部門ともに改善策を求められ、ほとんどの部門ではやむなく残業を増やすなどして対応したものの、肝心のリポートの品質は一朝一夕に変わるはずもなかった。しかし、第2営業部だけは「早くて分かりやすい。しかも新たな分析要求にもその場で素早く対応している」と社長がべた褒め。なぜ、そこまで差がついたのか。その秘策とは。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部